えびサブレ

変なオタクの備忘録

日記

近況報告(2017-08)

投稿日:

7月、8月はひたすら社畜して、9月の前半は夏休みです。学生に戻って夏休みを満喫したいです。死んだ魚のような目で働きながら、8/11 – 8/13にはコミケに、8/26 – 8/27にはニコンの100周年記念イベントに行ってきました。

C91

夏コミとは思えない涼しさで、始発で行ってもペットボトル2本で余裕でした。ただ、天候に関係なく、おっさん化により朝がつらいです。そろそろ始発で行くのはやめて、中から攻めていきたいですね。

戦利品はこんな感じです。インターネット上に性癖を晒すのはいかがなものかと、投稿するのを躊躇いましたが、友人曰く普通すぎてつまらんとのことなので考えるのをやめました。

企業ブースは細かく見ていませんがFate/Apocryphaの痛車が目に留まりました。型月ファンの年齢層が窺えますね。

ニコンファンミーティング

100周年記念イベントです。新機種のD850を触りに、2日目にいきました。

細かいレポートがインターネットにあるので、内容に興味がある方こんなページを見ている場合じゃないですよ!
参考: 濃密! ニコン創立100周年記念ファンミーティング – マイナビニュース

記念品、歴代フラグシップ機、特殊用途の機種など、いろいろ展示されていました。

D850の紹介も行われました。超すごいです。

勝手に語り出す

D800(2012年)のときも時代にマッチした高解像度機を発表して、”昭和的な企業じゃなかったのか!!”とオタクを驚かせましたが、今回も最先端なオーラが出ています。デジタル一眼レフカメラが生き残るには、性能を伴った高級路線しかないと思います。Dfのようなお爺さんを喜ばせる機種も良いですが一発芸です。以下D850の特徴:

  • 基本スペックが高い
    • 45MP: D800(2012)は36MP、Canon EOS 5Ds R(2015)は50MP
    • 9コマ/秒: バッテリーパックなしだと7コマ/秒, D800と5Ds Rはともに5コマ/秒
    • 裏面照射型CMOS: 高感度に強い(画質は要検証…)
    • 高性能AF/AEセンサ: 現行フラグシップ機(D5)と同じ
    • 高倍率ファインダ: 高解像度機のため0.75倍,D5はスポーツ向けのため0.72倍,D800は0.7倍
    • まともな動画性能: 4K UHD/30p
  • ミラーレスや入門機の長所を取り込んでいる
    • 静音撮影ができる: 先幕、後幕ともに電子シャッターのモードがある
    • 別売でフィルムのデジタル化セットがある: (低解像度な専用機と違って)45MPもあれば安心してデジタル化できる…
    • 深度合成撮影: 素人でも商品撮影が簡単に…

こんなに高性能にして、次世代フラグシップ機はどうなるのでしょうか。

お値段は某サイトで36万円前後で、D800の発売時と同じです。D800のように20万近くまで値下がりすることは…今の景気的に無いと思いますが…20万後半でも、現在も40万以上する5Ds Rを圧倒できそうですね。(信者並感)

結論?

毎日家でゴロゴロしたい

-日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

グンマー

グンマーにいってきました。

C94でサークル参加しました

楽しかったです。

やっぱり時代はクラウド?

東京で月に2回も停電するなんて・・・

あけましておめでとうございます

2016年になりましたね。
今年もよろしくお願いします。

no image

食後の歯磨き(近況報告)

生きてます

webmaster

icon
webmaster: えびーむ

Google アナリティクスの統計

アーカイブ

最近のコメント