えびサブレ

変なオタクの備忘録

パソコン

TX1310 M1にWindows 8.1を入れる

投稿日:2016-01-22 更新日:

 親が使っているパソコンが不調なので、リプレースのため、(当ブログの運用の)実績あるFUJITSU PRIMERGY TX1310 M1を購入しました。Windows 8.1を入れて、5年ほどがんばってもらいます。できればWindows 8.1のサポート終了までがんばってほしいです。

 今使っているのがC2Q Q6600という古き良き時代のCPUを積んだマシンで、CPU使用率が10%を超えることは相変わらず無いのですが、マザーボード(MSI、P35チップセット)が壊れ始めました。(その点、TX1310 M1はC226の富士通のマザーボードなので期待しています。)

普通のパソコンとして使うには?

 サーバ用途のためのマシンなので、普段用にはいろいろと問題があります(音が出なかったり、OSがなかったり…)。パーツを増設して、OSを入れる必要があります。また、サポートしているWindowsが全部Windows Serverなので、ドライバ類を自分でどうにかする必要がありそうです。

wpblog_20150920_DSC_5469(写真は以前のものを使いまわしました)

まずはスペックを確認します

項目 TX1310 M1 (PYT1311ZDX)
OS なし
CPU Pentium G3420
M/B D3219 (Intel C226)
MEM 3スロ空き, 2GB (PC3L-12800E Unbuffered)
ODD DVD-ROM
NIC オンボード(Intel 1000BASE-T * 2)
DISK 250GB HDD
なし
GPU CPU内蔵
PSU 250W

普段用としてちょっとヤバイところは赤字になっています。次は対処法です。
・OS
 Windows8.1をいれます。(7はサポート終了が近い…)
・メモリ
 空きスロットがあるので、増設します。
・DISK
 これからはオールフラッシュの時代です。
・音
 そこいらのサウンドカードを挿します(PCIスロットがないのでPCI-E or USB)

OS含めて、2万円前後になります。これにGTX750あたりのグラボを挿せば、簡易ゲーミングマシンにもなりそうです。

やってみます

メモリ

もう1台に付属していた2GBを挿して、4GBにしました。
non-ECCメモリ(エラー訂正なし)ならもっとありましたが、せっかくなのでECCのみにします。
OSは余っているメモリを速度向上のために使うので、本当は8GB程度あるといいかもしれません。
(PC3-10600とPC3L-12800Uの混在は試したところ、使えました。もちろんECCは機能しません。)

SSD

最近流行りの数十GBもあるようなゲームを入れることはないので、120GBにしました。
SV300S37A/120G、約5000円
wp_160114_5940
(速度等は気が向いたら記事にします…)

サウンドカード

PCI-Eスロットに挿せるものがあまりないので、少し高く付きました。USBタイプでもよかったのですが、ケースの外に物が多いのはだらしないです。
SB-AGY-FX、約4000円
wp_160114_5941
(音質等は気が向(略))

OSとドライバ

Windowsのインストールは何の問題もなく普通にできました。
チップセットとLANのドライバは、WS2012R2用のものがそのまま使えます。
オンボードRAIDに関しては未確認です。BIOSアップデート等も大丈夫でしょう。(未確認)
ServerView系を入れるとファン全開の爆音セルフチェック等がブートする度に行われるようになります。今回は必要ないので、入れません。
PRIMERGY チップセットドライバ for Windows Server Ver.9.4.0.1027
Onboard/PG-28xx/LND20x/PY-LAxxx LAN Driver & Intel (R) PROSet

その他

備忘のため、変更したBIOS設定を書いておきます。

オンボードRAIDは使わないので、AHCIにする
Advanced > SATA Configuration > SATA Mode = AHCI Mode
停電から復旧した後は、電源をつけない(セルフチェックのために一瞬だけ付きます)
Power > Power Failure Recovery = Always Off
ハードウェアに変更や異常があったときの告知画面をなくす(操作できない人のため)
Boot > POST Errors = Disabled
その他
Boot > Bootup NumLock State = On
Security > Administrator Password = (PASSWORD)

問題点

・windows8.1はサポートしていないので、自己責任になる
・オンボードの映像出力端子がVGA端子しかないので、DVI等が必要な場合はグラボの増設が必要になる
・市販のメモリを入れると、”保証なくなりますよ”というログが残る(ログ自体は削除可能)

まとめ

4万前後で高品質なマシンが作れるので割とお得かもしれないです。
(常時稼働OKな1年保証(訪問修理)が付くので、統計的には普通のPCより高品質な製品だと思います。)

-パソコン
-

執筆者:


  1. としくん より:

    今、インストールにチャレンジしているのですが、ドライバが認識できないとの表示が出ます。予め何かのドライバを入れておく必要があるのでしょうか?

  2. とし より:

    今、インストールにチャレンジしているのですが、ドライバインストールされていないため大容量のハードディスクが認識できないとの表示が出ます。何か助言ください。

    • ebi より:

      としさん

      推測なのですが、以下の項目に当てはまりませんか?
      詳しい状況を書いていただけるともっと的確にわかるかもしれません。

      1.RAIDドライバの問題
      Windows 8.1用のRAIDドライバは用意されていないようなので、SATAモードはAHCIにしないとHDDが検出されません。(おそらくWindows 10も同様)
      Advanced > SATA Configuration > SATA Mode = AHCI Mode

      2.2TBの壁
      デフォルトではBIOSモードになってるため2TBを超える容量のHDDにOSをインストールすることができません。UEFIモードにしてください。
      富士通のページによると、BIOSのバージョンが1.1.0以上であれば、
      Boot > CSM Configuration > Launch CSM = Disabled
      でUEFIモードになるとのことです。
      参考
      http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/pdf/note/uefi.pdf

  3. じいさん より:

    TX1310 M1 よりも新しいモデルに Win10入れれました!♪ Winセットアップが出来なくて困ってましたがRAID外すとの記載があってたすかりました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お買い物レポート: PowerEdge R620

勢いだけで買いました。
反省はしています。

新しいおもちゃ! – Part2. パーツ交換

メモリ、ディスクを交換します。ついでに埃対策もしておきます。

nVidia SurroundでGTA5をやる

最近流行りのアレをやってみた
ベゼル補正を行うとゲーム内GUIがバグります…

MinecraftサーバのRAMディスク化(Windows)

身内で遊んでいるMinecraftのサーバが重いのでRAMに入れました。簡単すぎるためか解説記事が見当たらないので書いておきます。

GTX680でモナーコインを掘る!

暗号通貨ブームということで化石グラボで掘ってみました

webmaster

icon
webmaster: えびーむ

Google アナリティクスの統計

アーカイブ

最近のコメント